Korea News.com(コリアニュース.com)

激動する朝鮮半島のニュースを正確、迅速に伝えるべく努力します。 朝鮮半島の平和と統一、朝日の親善、アジアと世界の平和を願って。

平壌発

朝鮮外務省スポークスマン、米国の対朝鮮敵視政策に便乗した英国の制裁行為を非難

朝鮮外務省スポークスマンは11日、英国が朝鮮の内務安全機関である国家保衛省と社会安全省を対象に制裁を加えたことを厳しく非難した。 同スポークスマンは、英国を米国の操り人形と指弾し、制裁行為は「米国の対朝鮮敵視政策に便乗した汚らわしい政治的謀略…

朝鮮で高級淡水魚ソガリの栽培漁業展開、ヨンプン湖に続きテチョン湖にも稚魚放流

朝鮮で栽培漁業が推奨される中で、平安北道テチョン(泰川)郡にあるテチョン種魚事業所で、ソガリの稚魚生産に成功、6月末に1万5千匹をテチョン湖に放流した。 ソガリとは、朝鮮半島の大同江や漢江流域に生息、分布する淡水魚。油が乗って実に美味。高級淡…

朝米首脳会談は朝鮮に「無益」、対話の枠組みを「敵対視撤回対朝米協商再開」に、金與正党第1副部長談話発表 

朝鮮労働党金與正党第1副部長は、3回目の朝米首脳会が米大統領選挙前にも可能であるかのような誤った信号が米国から発せられていることと関連して10日談話を発表した。 金與正党第1副部長は談話で、朝米首脳会談を必要にしているのは米国で、朝鮮にとっては…

朝鮮で進む農業インフラ整備 咸鏡南道で金野郡自然流水式水路が完成

朝鮮の北東部に位置する咸鏡南道の金野郡で40キロの金野郡自然流水式水路が完成した。 この水路が建設、完成したことによって、郡内数千町歩の田野に農業用水を円満に保障し、農業生産にを大きく発展させることができるようになった。 「労働新聞」(7.6)は…

小麦の作柄昨年比1.5倍、咸鏡南道の協同農場で

朝鮮の咸鏡南道で小麦の作柄が非常に良く昨年比1.5倍の収穫が見込め準備を進めている。 「朝鮮の今日」が7月3日報道した。 それによれば、咸鏡南道では今年大規模なフミン酸肥料生産基地を整えて、数千町歩の小麦畑に施肥し、町歩当たりの収穫高を増やす担保…

朝米対話を政治的危機克服の道具にする米国と対坐する必要はない 崔善姫朝鮮外務省第1次官が談話

崔善姫朝鮮外務省第1次官は4日に談話を発表して、文在寅大統領が突如持ち出し、トランプ政権周辺が同調している、朝米首脳会談の開催を否定した。 崔善姫第1外務次官は、「われわれはすでに米国の長期的な脅威を管理するためのより具体的な戦略的計算表を組…

朝鮮で党政治局拡大会議開催、「安定した防疫形勢」を確認、引き続き防疫の厳格実施を指示

朝鮮労働党中央委員会第7期第14回政治局拡大会議が2日、党中央委員会庁舎で開かれた。 金正恩委員長の司会で行われた会議では、①悪性伝染病を防ぐための6か月間の事業状況を総括して、国家非常防疫事業を強化し現在の防疫形勢をより強固にする問題②平壌総合…

黄海南道でヘジュ(海州)種禽場を新たに建設 年間数十万匹家禽種の供給能力

朝鮮南西部の黄海南道でヘジュ(海州)種禽場を新たに建設した。 「労働新聞」、「朝鮮の今日」が6月29日付で報じた。 報道によれば、ヘジュ種禽場は、年間数十万匹におよぶ優良品種の家禽種を、道内の市、郡に供給できる。 種禽場は、生産指揮室、孵化室に…

石炭ガス発電システム開発、完成 金策工業綜合大学機械科学技術学部で

金策工業綜合大学機械科学技術学部の研究員たちが、先端技術を応用した石炭ガス発電システムを開発、完成させた。 「メアリ」が6月27日付で報じた。 報道によれば、開発されたのは50kWから600kWまでの、異なる出力の発電システムで、現在10を超える単位に導…

平安南道保険酸素工場が建設、竣工

新しく建設された平安南道保険酸素工場 平安南道に医療用酸素を大量生産する保険酸素工場が建設、竣工した。 「朝鮮の今日」が6月23日報じた。 報道によれば、工場にはすべての設備を自動で操縦する、統合自動操縦システムが構築されており、酸素分離、酸素…

驚異的なスピードで進むピョンヤン総合病院建設、骨組み工事仕上げ段階に

骨組み工事が最終段階に(6月13日) ピョンヤン総合病院の建設が驚異的なスピードで進んでいる。 「労働新聞」、「今日の朝鮮」が6月20日に報道したところによれば、報道日の時点で、骨組み工事が仕上げ段階に入っており、外部左官工事も本格的に進めている…

ピョンヤンに薔薇が咲いた 市街に漂うほのかな香りが生活に彩りを

薔薇の花が満開で人々を楽しませてくれる。 情緒的で、美しい生活を志向する平壌市民は街を形成する際には、必ず花畑を一緒に造り、工場敷地内にも多くの木や花を植え育てている。 花畑を造り、園林区画を必ず造成することは、首都建設の全過程で恒常的に堅…

非武装化された地帯に軍隊が再進出し戦線を要塞化 朝鮮人民軍総参謀部公開報道

朝鮮人民軍 朝鮮人民軍総参謀部が16日公開報道を発表した。 この公開報道は、金與正党第1副部長が13日発表した談話で「南朝鮮の連中と決別する時になった」「次の対敵行動の行使権は我が軍隊の総参謀部に手渡そうと思う」としたことと直接関連したものであ…

先利便性、後美学性の原則でピョンヤンの地下鉄駅が現代的に改修 「労働新聞」が報道

ピョンヤン地下鉄の、ケソン(凱旋)駅、トンイル(統一)駅が昨年に改修されたのに続き、今年になって、チョンスン(戦勝)駅、チョヌ(戦友)駅が現代的に改修された。 「労働新聞」が6月13日付で報じた。 改修工事は駅舎の内部と外部がともに行われた。 …

われわれの力を引き続き育てる 外務省米国担当局長談話

朝鮮外務省のクォン・ジョングン米国担当局長が、南朝鮮外交部が朝米対話の再開に努力、完全な非核化努力を云々したことを非難する談話を、13日発表した。 談話は朝米間の問題と核問題について論じる立場でもなく、割って入る隙間も場所もない南朝鮮当局が朝…

米国は災いを避けたいなら口を閉ざせ!朝鮮外務省米国局長が談話

朝鮮外務省のクォン・ジョングン米国担当局長は、米国が北南関係問題に分不相応に介入しようとしていることと関連して、11日、朝鮮中央通信記者の質問に答え見解を明らかにした。 クォン局長は、9日米国務省関係者が「脱北者」のビラ散布にかかわる朝鮮の行…

炭素1化学工業の創設で米制裁を無力化、朝鮮労働党政治局会議

朝鮮労働党中央委員会第7期第13回政治局会議が7日平壌で開かれた。 金正恩委員長の司会で行われた会議では、自立経済をより発展させ人民生活を向上させるうえで提起される重大な問題が討議された。 「労働新聞」(6.8)によれば、会議では①化学工業を発展さ…

ビラ散布を放置する南側を強く批難、矛先は文在寅大統領に

ビラ散布を意図的に放置、黙認する南朝鮮当局を糾弾する平壌市青年学生の集会 朝鮮労働党中央委員会の金與正第1副部長が談話を発表(4日)したのを契機に、北側、朝鮮では「脱北者」によるビラの散布と、それを黙認し煽り立てる南朝鮮当局に対する非難が急…

朝鮮に対する敵対行為を煽る南朝鮮当局に厳しく警告、金與正第1副部長談話発表

朝鮮労働党金與正第1副部長が、「脱北者」が最前線地域から朝鮮を非難するビラを大量に散布したことを非難し、これを黙認している「南朝鮮当局」に警告する談話を発表した。 朝鮮中央通信は、「南朝鮮当局の黙認下で『脱北者』のゴミどもが反共和国敵対行為…

わが国のイメージを貶める三文芝居のような謀略 朝鮮、「サイバー攻撃」云々する米国を非難し談話発表

朝鮮民主主義人民共和国資金洗浄およびテロ資金支援防止のための国家調整委員会スポークスマンは、米国が根拠なく朝鮮の「サイバー攻撃」を云々していることを非難する談話を発表した。談話は朝鮮外務省ホームページ上で5月28日公開された。 談話は、米国が…

高級淡水魚ソガリ稚魚を毎年数万尾放流 朝鮮、ヨンプンホ放流漁業事業所で

朝鮮半島に多く生息するソガリという淡水魚をご存じだろうか? 朝鮮半島の大同江や漢江流域に分布しており、淡水魚としてはおそらく最高の高級魚だろう。 刺身やなべ料理で食されるが、1980年代、南北会談で北の地を訪れた南側代表団に刺身が振舞われたこと…

「わが国を米があふれる国に」田植えの時期、労働新聞が呼びかけ

朝鮮で、5月中旬から本格的な田植えの時期に入った。 労働新聞は5月11日付1面に社説を掲載して、田植えを適切な時期に質的に終え穀物生産の突破口を切り開き、「わが国を必ず米があふれる国にしなければならない」と呼び掛けた。同紙はこれを契機に田植えを…

核戦争抑止力を一層強化運営する新方針提示、党中央軍事委員会第7期第4回拡大会議

朝鮮労働党中央軍事委員会第7期第4回拡大会議が開かれた。 5月24日、労働新聞、朝鮮中央通信などが一斉に報じた。 朝鮮労働党中央軍事委員会金正恩委員長が会議を指導した。 報道によれば会議では、国家防衛力と戦争抑止力をより一層強化しなければならない…

有数の穀倉地帯・黄海南道に大規模灌漑網建設、朝鮮で進む農業インフラ整備

朝鮮有数の穀倉地帯である黄海南道に大規模な灌漑水路が建設された。 朝鮮中央通信社が22日に報道文を発表して、黄海南道の広範な田野に「灌漑用水を充分に供給し穀物生産を決定的に増産できる確固とした土台が整えられた」とその意義を強調した。 朝鮮の南…

科学で飛躍し、教育で未来を担保しよう! 平壌商業奉仕大学で学ぶ女子学生

「科学で飛躍し、教育で未来を担保しよう!」 米国の経済制裁を正面から突破して自力富強、自力繁栄を成し遂げようとする朝鮮のいたるところで掲げられているスローガンだ。 祖国平和統一委員会が運営する情報サイト「わが民族同士」は5月19日、平壌商業奉仕…

平壌の絶景 牡丹峰

峰々の形が、まるで咲き開いた牡丹の花を連想させ牡丹峰と呼ばれた。 牡丹峰は解放直後から金日成主席の指導で、文化休息所、自然公園、として整備・保護さ人民に解放されている。 牡丹峰にはわが国の歴史と文化を示す遺跡も多い。 牡丹峰には、金日成競技場…

基礎工事終え建設進む平壌総合病院、「朝鮮の今日」が写真で紹介

平壌総合病院総合病院建設が進んでいる。かなりのスピードだ。 「朝鮮の今日」(5月15日~16日)が、写真で紹介している。 本サイトで4月21日に「労働新聞」の報道をもとにして紹介したときはまだ基礎工事の段階だったが、すでに基礎工事を終え建物をハイス…

朝鮮で電気透析法による海水精製器を100%国産化

朝鮮の国家科学院電子工学研究所が電気透析法による海水精製器を100%国産化した。 海水精製器は、海水、地下水などを精製して飲料水、工業用水を製造する装置。「メアリ」(5月14日付)が報じた。 海水精製方法には、逆浸透法、電気透析法、蒸発法、冷却法…

朝鮮の有名な地方特産物 高級「和坪蜂蜜」 バスウッドを採取に利用

朝鮮で有名な地方特産物の一つに、和坪蜂蜜、がある。和坪とは地名で、朝鮮北方の慈江道和坪郡のこと。 和坪蜂蜜は、和坪郡の和坪養蜂事業所で生産する蜂蜜で、味も香りもよく、朝鮮で生産される蜂蜜の中でも人気が高い。 5月12日付「朝鮮の今日」によれば、…

朝鮮で観光用電動カートを新しく生産、完成間近の元山葛麻海岸観光リゾート用

朝鮮で、完成間近の元山葛麻海岸観光リゾートで使う観光用電動カートを新しく生産した。 「労働新聞」(5月11日付)が紹介した。 電動カートを作ったのは平壌市旅客運輸総合企業所。 電動カート生産が始まったのは今年の初めから。カートの電動機生産に当た…