Korea News.com(コリアニュース.com)

激動する朝鮮半島のニュースを正確、迅速に伝えるべく努力します。 朝鮮半島の平和と統一、朝日の親善、アジアと世界の平和を願って。

【解説】北側、首脳会談合意守らず敵対行為煽り立てる南側を非難、関係破綻に直面、慌てる文在寅政権

朝鮮労働党中央委員会の金與正第1副部長が4日、「脱北者」によるビラ散布などの対朝鮮敵対行為を非難する談話を発表したのに続き、5日には朝鮮労働党統一戦線部スポークスマンが談話を発表し、南朝鮮当局をした。 金與正第1副部長の談話は「南朝鮮当局の黙…

朝鮮に対する敵対行為を煽る南朝鮮当局に厳しく警告、金與正第1副部長談話発表

朝鮮労働党金與正第1副部長が、「脱北者」が最前線地域から朝鮮を非難するビラを大量に散布したことを非難し、これを黙認している「南朝鮮当局」に警告する談話を発表した。 朝鮮中央通信は、「南朝鮮当局の黙認下で『脱北者』のゴミどもが反共和国敵対行為…

帝国主義者の制裁は万能の武器ではない 労働新聞論評(2019.10.21)

「ギデオン作戦」失敗で、ベネズエラに捕らえられた傭兵たち 米国による、中国やイラン、ベネズエラ、朝鮮などに対する圧力と制裁が強まっている。コロナパンデミックの中で、その責任を中国に押し付けるだけでなく、香港での暴力デモに対処する国家安全法問…

駐韓米軍、THAAD追加配備を強行 市民団体が国民を欺く文在寅政権を強く糾弾

文在寅政権は4000人の警察隊を動員して市民、住民を強制排除、THAAD追加配備を強行した 駐韓米軍と韓国の文在寅政権は5月28日夜から29日未明に、市民団体と地元住民が反対する中、慶尚北道星州郡韶成里の基地にTHAAD装備の搬入を強行した。 文在寅政権は米軍…

わが国のイメージを貶める三文芝居のような謀略 朝鮮、「サイバー攻撃」云々する米国を非難し談話発表

朝鮮民主主義人民共和国資金洗浄およびテロ資金支援防止のための国家調整委員会スポークスマンは、米国が根拠なく朝鮮の「サイバー攻撃」を云々していることを非難する談話を発表した。談話は朝鮮外務省ホームページ上で5月28日公開された。 談話は、米国が…

高級淡水魚ソガリ稚魚を毎年数万尾放流 朝鮮、ヨンプンホ放流漁業事業所で

朝鮮半島に多く生息するソガリという淡水魚をご存じだろうか? 朝鮮半島の大同江や漢江流域に分布しており、淡水魚としてはおそらく最高の高級魚だろう。 刺身やなべ料理で食されるが、1980年代、南北会談で北の地を訪れた南側代表団に刺身が振舞われたこと…

文在寅政権、米国の対イラン制裁に追従 イラン有力紙「米国の経済テロ(制裁)に加担」と痛烈に非難

イランからの原油輸入代金を凍結、支払いを拒否 韓国の文在寅政権が、イランの医薬品購入要求を拒否していることが明らかになった。 イランの有力日刊紙「エテマド」が5月27日付で、韓国は人道目的による医薬品購入要求を拒否して「米国の経済テロ(制裁)に…

「わが国を米があふれる国に」田植えの時期、労働新聞が呼びかけ

朝鮮で、5月中旬から本格的な田植えの時期に入った。 労働新聞は5月11日付1面に社説を掲載して、田植えを適切な時期に質的に終え穀物生産の突破口を切り開き、「わが国を必ず米があふれる国にしなければならない」と呼び掛けた。同紙はこれを契機に田植えを…

目に見えない対決 声なき戦争 労働新聞(2019.10.19)

朝鮮を誹謗中傷する米日韓によるプロパガンダが悪質さを増している。朝鮮指導者の「健康異常説」がでっち上げであることが明らかになったにもかかわらず、驚くべきことに自らがねつ造した「健康異常」を既成事実化し、その上に新たなねつ造を上塗りしている…

核戦争抑止力を一層強化運営する新方針提示、党中央軍事委員会第7期第4回拡大会議

朝鮮労働党中央軍事委員会第7期第4回拡大会議が開かれた。 5月24日、労働新聞、朝鮮中央通信などが一斉に報じた。 朝鮮労働党中央軍事委員会金正恩委員長が会議を指導した。 報道によれば会議では、国家防衛力と戦争抑止力をより一層強化しなければならない…

有数の穀倉地帯・黄海南道に大規模灌漑網建設、朝鮮で進む農業インフラ整備

朝鮮有数の穀倉地帯である黄海南道に大規模な灌漑水路が建設された。 朝鮮中央通信社が22日に報道文を発表して、黄海南道の広範な田野に「灌漑用水を充分に供給し穀物生産を決定的に増産できる確固とした土台が整えられた」とその意義を強調した。 朝鮮の南…

科学で飛躍し、教育で未来を担保しよう! 平壌商業奉仕大学で学ぶ女子学生

「科学で飛躍し、教育で未来を担保しよう!」 米国の経済制裁を正面から突破して自力富強、自力繁栄を成し遂げようとする朝鮮のいたるところで掲げられているスローガンだ。 祖国平和統一委員会が運営する情報サイト「わが民族同士」は5月19日、平壌商業奉仕…

資料 文在寅政権は米国に抵抗するのではなく従順に従う道を選択した 「韓国の主権は誰の手にあるのか」

トランプ米大統領は2018年10月、「われわれの承認なしになにもしない」と述べ南北合意を進めようとした文在寅政権にブレーキをかけた。この「承認」発言は、承認する側と承認される側からなる、いびつな二国間関係が現実に存在することを浮き彫りにした。承…

米国に踏みにじられる主権 韓国の情報サイト、「米国が韓国の主権を持っている」と指摘

1946年10月1日、韓国の慶尚北道大邱で起きた民衆抗争参加者を連行する米軍兵士 文在寅政権は「抵抗ではなく従順に従う道を選択した」 「・・・韓国の主権は米国にある。1945年9月8日占領軍としてこの地に入ってきて軍政を実施した米国が今日には“承認”政策で…

平壌の絶景 牡丹峰

峰々の形が、まるで咲き開いた牡丹の花を連想させ牡丹峰と呼ばれた。 牡丹峰は解放直後から金日成主席の指導で、文化休息所、自然公園、として整備・保護さ人民に解放されている。 牡丹峰にはわが国の歴史と文化を示す遺跡も多い。 牡丹峰には、金日成競技場…

「中・朝・ロ、もう一つの近代化」 ノルウェー・オスロ大学韓国学教授の視点

韓米連合軍創設記念式典。韓米連合軍なのに国連旗を掲げている。韓米連合軍は国連安保理と何の関係もない ノルウェー・オスロ国立大朴露子(パク・ノジャ、Vladimir Tikhonov)韓国学教授の、韓国「ハンギョレ新聞」(2019.5.7)への「中・朝・ロ、もう一つ…

【解説】韓国で高まる積弊淸算要求、問われる文在寅大統領と与党の姿勢

韓国の与党共に民主党が総選挙で大勝したのを契機に国民の中で積弊淸算要求が急速に高まっている。積弊とは李明博、朴槿恵の反共保守政権下で積み上げられた弾圧、不正腐敗、真相隠蔽、南北対立等々の弊害のこと。 最後の理由もなくなった 朴槿恵弾劾後、政…

基礎工事終え建設進む平壌総合病院、「朝鮮の今日」が写真で紹介

平壌総合病院総合病院建設が進んでいる。かなりのスピードだ。 「朝鮮の今日」(5月15日~16日)が、写真で紹介している。 本サイトで4月21日に「労働新聞」の報道をもとにして紹介したときはまだ基礎工事の段階だったが、すでに基礎工事を終え建物をハイス…

MK通信(70) 仕組まれたプロパガンダの影で何が起こっていたのか?(下)

関与の手段を失ったトランプ大統領 話を先に進めよう。 「ワシントンポスト」紙が「狂ったように大騒ぎ」と表現したのは言い得て妙だが、背景には朝米非核交渉破綻がもたらした厳しい朝米対決の現実があった。 昨年末に金正恩委員長の指導下で行われた異例の…

MK通信(70) 仕組まれたプロパガンダの影で何が起こっていたのか?(上)

金正恩委員長の「健康異常説」は誤報ではない。また朝鮮に敵意を持つ米日韓のマスコミによるでっち上げ報道に止まるものでもない。 明らかに米CIAによって仕組まれたブラックプロパガンデで、米日韓のマスコミを総動員した異様な報道が吹き荒れる影で、何か…

朝鮮で電気透析法による海水精製器を100%国産化

朝鮮の国家科学院電子工学研究所が電気透析法による海水精製器を100%国産化した。 海水精製器は、海水、地下水などを精製して飲料水、工業用水を製造する装置。「メアリ」(5月14日付)が報じた。 海水精製方法には、逆浸透法、電気透析法、蒸発法、冷却法…

朝鮮の有名な地方特産物 高級「和坪蜂蜜」 バスウッドを採取に利用

朝鮮で有名な地方特産物の一つに、和坪蜂蜜、がある。和坪とは地名で、朝鮮北方の慈江道和坪郡のこと。 和坪蜂蜜は、和坪郡の和坪養蜂事業所で生産する蜂蜜で、味も香りもよく、朝鮮で生産される蜂蜜の中でも人気が高い。 5月12日付「朝鮮の今日」によれば、…

韓国の進歩系サイト、文在寅政権は「体制崩壊と吸収統一を追及」と再び批判

韓国の進歩的なインターネット情報サイト「自主時報」は先月29日の分析記事に続き、5月11日にも「文在寅政権3年、南北関係発展のための提言:旧時代的統一観変えなければ」を掲載し、文在寅政権は「吸収統一」を追及していると再び批判した。 「提言」は文在…

朝鮮で観光用電動カートを新しく生産、完成間近の元山葛麻海岸観光リゾート用

朝鮮で、完成間近の元山葛麻海岸観光リゾートで使う観光用電動カートを新しく生産した。 「労働新聞」(5月11日付)が紹介した。 電動カートを作ったのは平壌市旅客運輸総合企業所。 電動カート生産が始まったのは今年の初めから。カートの電動機生産に当た…

北側情報サイト、南側の外勢依存と「新北方政策」を一歩踏み込んで厳しく非難

南側の外勢依存で開城工業団地、金剛山観光の再開遠のく 南北首脳会談で発表された板門店宣言(2018年4月)から2年が経った。 朝米関係が硬直する中で南北対話も開かれない状況が続いているが、ここにきて北側は、「コロナ協力」などの「南北協力案」を繰り…

朝鮮で国家非常防疫情報システム構築急ピッチで進展 情報網構築、医療、防疫用品備蓄供給を末端まで

コロナパンデミックがなかなか収まらない中、朝鮮では新型コロナウィルスの感染者が一人も出ていない「安定的な防疫形勢を維持」する防疫予防に力を入れる一方、全国レベルで国家非常防疫情報システム構築を急ピッチで進めている。 国家非常防疫情報システム…

ピョンヤン市郊外に数十万匹能力のスッポン工場 市内の料理店でスッポン料理提供

朝鮮の首都ピョンヤンの郊外に年間生産能力は数十万匹にのぼるスッポンを養殖するスッポン工場があり、冷麺で有名な玉流館や清流館、平壌大同江水産物食堂などでスッポン料理を提供している。 朝鮮外国文出版社が運営するインターネット情報サイト「ネナラ(…

でっち上げられたブラックプロパガンダ(2020.4)

「感染者は一人も発生していない」 4月1日:朴名帥朝鮮国家衛生検閲院院長、平壌で共同通信など一部の外国メディアのインタビューに応じる。 「現在までわが国では新型コロナウイルスの感染者は一人も発生していない」と強調した。 4月2日:在朝鮮ロシア大使…

「すべてが2018年北南首脳会談以前の原点に回帰している」朝鮮の人民武力省スポークスマン談話

「敵がわれわれを討とうと公然と騒ぎ熱を上げているのにわれわれが静かに座っていられようか」 朝鮮の人民武力省スポークスマンが7日、韓国軍部が空軍空中戦闘司令部所属「F-15K」「KF-16」「F-4E」「FA-50」戦闘機20余台と海軍2艦隊所属高速艇などを朝鮮西…

公安当局が統一団体幹部に召喚状 文在寅政権の意向か?統一団体が激怒し記者会見

青瓦台前で開かれた記者会見参加者 「このようなことでまたわれわれが、青瓦台の前で、文在寅政権下で、糾弾記者会見を行い、集会を開くとは考えもしなかった」 韓国で、保安捜査隊が統一運動団体の事務局幹部に、国家保安法違反容疑で召喚状を送りつけた問…