Korea News.com(コリアニュース.com)

激動する朝鮮半島のニュースを正確、迅速に伝えるべく努力します。 朝鮮半島の平和と統一、朝日の親善、アジアと世界の平和を願って。

【スポンサーリンク】

平壌発

朝鮮外務省、ウクライナに2万人の雇用兵を送り込んだ米国を非難

朝鮮外務省は23日、「世界の平和と安定を破壊する張本人」と題する文をPに載せ、世界各国から雇用兵を募集してウクライナに送り込んでいる米国を非難、「米国が同盟国を糾合し、ウクライナに雇用兵たちを大々的に派遣し、膨大な軍事装備を提供している目的は…

【フォトトピック】稲種子研究に余念がない農業科学院の青年科学者たち

稲種子の研究で実績がある農業科学院稲研究所の青年科学者たち。 今まで二毛作に適した優秀な品種、生育期日が短く不利な環境の中でも安定した収穫を出せる品種を開発してきた。 科学技術を農業発展の主な動力にして、農業を先進的な農業に転換し農業生産の…

極度の敵対視で一貫した謀略捏造文書、朝鮮人権研究協会がEUを厳しく非難

EU各国に蔓延する人種差別は深刻な人権問題 朝鮮外務省は18日、EUが朝鮮の人権実像を悪辣に歪曲し攻撃する「決議案」なるものを国連人権理事会に提出したことに関連、これを非難する朝鮮人権研究協会スポークスマン談話をHP上で発表した。 談話は、「EUが今…

金正恩総書記が完工を控えた松新・松花地区の1万世帯住宅建設場を現地指導

金正恩朝鮮労働党総書記が完工を控えた松新・松花(ソンシン・ソンファ)地区の1万世帯住宅建設場を現地指導した。 「労働新聞」など朝鮮のマスコミが16日報じた。 朝鮮労働党の遠大なチュチェ建築発展政策と第8回党大会が示した膨大な首都建設5カ年計画に従…

日本は朝鮮に言いがかりをつける名分も資格もない 朝鮮外務省

朝鮮が行った偵察衛星開発のための重要試験について、日本は米韓とともに非難、挑発している。 これに関連して朝鮮外務省は6日、HPに「初歩的な事物判別能力さえ失った無知と蒙昧の産物」と題した、同省日本研究所キム・ソルファ研究員の文を載せた。 文は、…

朝鮮国家宇宙開発局と国防科学院が偵察衛星開発のための重要実験を行う

朝鮮民主主義人民共和国国家宇宙開発局と国防科学院は3月5日、偵察衛星開発計画に従ってもう一度重要実験を行った。 「労働新聞」(3.6)、朝鮮中央通信などが報じた。 報道は、実験を通じて国家宇宙開発局は、衛星資料送受信および制御指令システムとさまざ…

国連安保理事会の不公正で二重基準的な行動に一日も早く終止符を 金星朝鮮国連駐在常任代表が指摘

朝鮮の国連駐在金星常任代表は2月22日、国連憲章及び機構役割強化に関する特別委員会で演説した。 朝鮮外務省が演説内容を28日にHPを通じて明らかにした。 常任代表は、国連を憲章の目的と原則に合致するように国連本来の使命を果たす公正で実践力のある国際…

反朝鮮「人権」騒動は敵対視政策の明確な表現 朝鮮外務省

朝鮮外務省は1日、「似非『人権』団体の醜態」と題する、朝鮮人権研究協会キム・チョンヒョク研究員の文を載せた。 文は米国が朝鮮の「人権問題」を捏造、問題視するのに利用している「米国北朝鮮人権委員会」なるものが、米国の操り人形に過ぎないという事…

偵察衛星開発のための重要試験 朝鮮国家宇宙開発局と国防科学院が

朝鮮民主主義人民共和国国家宇宙開発局と国防科学院は2月27日、偵察衛星開発のための工程計画に従って重要試験行った。 「労働新聞」(2.28)はじめ朝鮮のマスコミが伝えた。 報道によれば、重要試験を通じて国家宇宙開発局と国防科学院は、偵察衛星に装着す…

ウクライナ事態の根源は米国の強権と専横にある 朝鮮外務省

朝鮮外務省は26日、「米国は国際平和と安定の根幹を崩してはならない」と題する、国際政治研究学会リ・ジソン研究員の文をHPに載せた。 文は、「21世紀の悲劇をもたらしたイラク戦争とアフガニスタン戦争、色とりどりの「カラー革命」は、米国と西側が覇権政…

【フォトトピック】天然記念物 モングンポ(夢金浦)の像の岩

モングンポ(夢金浦)にある像の岩は朝鮮で天然記念物に指定されている。 黄海南道龍淵郡夢金浦里にあるモングンポ(夢金浦)は白砂青松で知られる西海の名勝。 象の岩は、中生代白亜紀の石英斑岩が海の浸食作用と垂直切れ面に沿って起こった風化作用によって形…

朝鮮で蓮浦温室農場の建設着工式 金正恩総書記が演説、自ら着工のくわ入れ

朝鮮労働党中央委員会第8期第4回総会の決定に従い、咸鏡南道咸州郡蓮浦地区に大規模の近代的な温室農場が建設される。 蓮浦温室農場の建設着工式が2月18日、盛大に行われた。 金正恩朝総書記が着工式に出席した。 「労働新聞」(19日付)など朝鮮のマスコミ…

文在寅政権の「平和プロセス」は「北侵プロセス」 朝鮮のマスコミが厳しく非難

朝鮮の民間放送「統一のメアリ(こだま)」、インターネット情報サイト「メアリ」などのメディアは、「明らかになった平和破壊者の正体」「『平和工程』は北侵略工程」などと、文在寅政権の朝鮮に対する対決姿勢を非難した。 18日、「統一のメアリ(こだま)…

金正日総書記の生誕80周年慶祝中央報告大会が革命の聖地、三池淵市で盛大に行われる

金正日総書記の生誕80周年慶祝中央報告大会が2月15日、革命の聖地である三池淵市に立つ金正日総書記の銅像の前で行われた。 金正恩朝鮮労働党総書記が報告大会に出席した。 「労働新聞」(16日付)は要旨次のように伝えた。 革命の聖山、白頭山の雄姿が…

朝鮮でピョンヤン市和盛地区1万世帯住宅建設着工式 金正恩総書記が演説

朝鮮で首都ピョンヤン市の和盛地区1万世帯住宅建設の着工式が2月12日、盛大に行われた。 金正恩朝鮮労働党総書記、朝鮮民主主義人民共和国国務委員長が着工式に出席した。 和盛地区1万世帯住宅建設は、朝鮮労働党第8回大会が示した平壌市5万世帯住宅…

【フォトトピック】 光明星節料理技術競演

朝鮮民族の飲食文化を発展させ、人民の食生活向上に実質的に貢献することを目的に、光明星節料理技術競演(9日~11日)がピョンヤン市内のピョンヤン麺屋で開かれている。 人民奉仕指導局、各ホテル、ピョンヤン市にある各道の特産物食堂をはじめとする90余…

建設部門でより大きな飛躍を 朝鮮で第2回建設部門活動家大講習

朝鮮の首都ピョンヤンで8日から第2回建設部門活動家大講習が開かれている。 「労働新聞」など朝鮮のマスコミ報道によれば、「チュチェ建築の飛躍的発展と建設の大繁栄期」というテーマで行われる今回の大講習は、チュチェ建築の発展史に積み上げた朝鮮労働…

「盗聴帝国」「ハッキング帝国」「秘密窃取国」として悪名高い米国、朝鮮外務省が暴露糾弾

朝鮮外務省は7日、米国が朝鮮の「暗号資産窃取」と「サイバー攻撃」をでっち上げていることと関連、HPに「『盗聴帝国』『ハッキング帝国』『秘密窃取国』として悪名高い米国」と題する論評を掲載した。 論評は朝鮮の「暗号資産窃取」などをでっち上げている…

朝鮮最高人民会議第14期第6回会議

朝鮮民主主義人民共和国最高人民会議第14期第6回会議が6、7の両日、平壌の万寿台議事堂で行われた。 「労働新聞」(8日付)はじめ朝鮮のマスコミが報じた。 会議には、最高人民会議代議員と、オブザーバーとして党中央委員会、最高人民会議常任委員会、…

朝鮮で「火星12」型検収射撃試験実施

1月30日、朝鮮で地対地中長距離弾道ミサイル「火星12」型検収射撃試験が行われた。 「労働新聞」など朝鮮のマスコミが31日付で報じた。 報道によれば、「火星12」型検収射撃試験は、朝鮮国防科学院と第2経済委員会をはじめとする該当機関の計画に従い行われ…

朝鮮国防科学院、長距離巡航ミサイル、弾頭威力実証目的の精密誘導弾を試射

朝鮮民主主義人民共和国国防科学院は、1月25、27の両日、長距離巡航ミサイルシステムの更新のための試射と地対地戦術誘導弾通常戦闘部の威力を実証するための試射を各々行った。 「労働新聞」(28日付)など朝鮮のマスコミが報じた。 報道によれば、朝鮮労働…

主権国家の正々堂々とした自衛権の行使 朝鮮外務省

朝鮮外務省は、朝鮮が行っている極超音速ミサイル試験発射など一連の措置は、「国家戦略武力の現代化課題を実現するための正常な国防力強化措置の一環」と指摘、朝鮮の自衛権の行使を問題視する米国を非難した。 25日、同省HPに掲載した「主権国家の正々堂々…

「日本の防衛戦略が攻撃戦略、侵略戦略に・・・」 朝鮮外務省が警告

朝鮮外務省は23日、「日本の『周辺脅威説』は何を狙ったものなのか」と題する文をHPに載せた。 同外務省日本研究所キム・ジョンヒョク研究員による文は、日本が「国家安全保障戦略」と「防衛計画大綱」、「中期防衛力整備計画」を改正しようとしており、この…

朝鮮で鉄道機動ミサイル連隊の検閲射撃訓練実施

朝鮮で、平安北道鉄道機動ミサイル連隊の実戦能力を判定するための検閲射撃訓練が14日、行われた。 「労働新聞」(15日)など朝鮮のマスコミが伝えた。 検閲射撃訓練は、鉄道機動ミサイル連隊の戦闘員の戦闘準備態勢を検閲し、火力任務の遂行能力を高める…

対決姿勢にはより強力に反応する 朝鮮外務省スポークスマンが米国を非難し警告

朝鮮外務省スポークスマンは14日談話を発表して、朝鮮の極超音速ミサイル試射を問題視して制裁騒動を繰り広げる米国を辛辣に非難した。 同スポークスマンは、米国はまたもやわれわれの自衛権の行使を口実にして挑発的に行動していると指摘、「米国がわれわれ…

朝鮮国防科学院が極超音速ミサイルを試射

「労働新聞」は6日、朝鮮民主主義人民共和国国防科学院は1月5日、極超音速ミサイルの試射を行ない成功したと報じた。 同紙は「極超音速ミサイル部門での相次ぐ試験の成功は、第8回党大会が示した国家戦略武力の近代化課題を促し、5カ年計画の戦略武器部門の…

写真で見る新年のピョンヤン

新年を迎えピョンヤンの金日成広場では、多くの市民が見守る中で国旗掲揚式が厳かに行われた。また新年を祝って慶祝公演が華やかに行われ集まった市民が観覧した。 零時、除夜の鐘の音が新年を告げると、朝鮮民主主義人民共和国国歌が荘重に奏楽される中、共…

鳥たちの理想的な中継地、棲息地である文徳渡り鳥保護区

朝鮮の平安南道文徳郡の朝鮮西海沿岸には、面積が3700余ヘクタールに達するムンドク(文徳)渡り鳥保護区が位置している。 清川江と大寧江の運搬堆積作用によって生み出されたこの一帯の三角洲や海辺の干潟地には、葛畑や田んぼ、沼など渡り鳥の棲息活動に不…

朝鮮で1万2000千トンクラスの貨物船を建造

朝鮮で1万2000千トンクラスの貨物船が建造され出港した。 24日付「労働新聞」が、新たに建造された「チャンスサン号」の出港式が23日に行われたと報じた。 1万2000千トンクラスの貨物船「チャンスサン号」を建造したのは、南浦特別市ワウド(臥牛島)区域に…

根こそぎ揺れ動いているアメリカ式「民主主義」 朝鮮外務省

朝鮮外務省は19日、「根こそぎ揺れ動いているアメリカ式『民主主義』」と題する、朝鮮の国際政治研究学会研究者コ・ヒョク氏の文を掲載した。 文は、「民主主義のための世界首脳者会議」は「明らかに米国が主権国家から彼らに服従するという手形を受け取るた…