Korea News.com(コリアニュース.com)

激動する朝鮮半島のニュースを正確、迅速に伝えるべく努力します。 朝鮮半島の平和と統一、朝日の親善、アジアと世界の平和を願って。

平壌発

北側情報サイト、南側の外勢依存と「新北方政策」を一歩踏み込んで厳しく非難

南側の外勢依存で開城工業団地、金剛山観光の再開遠のく 南北首脳会談で発表された板門店宣言(2018年4月)から2年が経った。 朝米関係が硬直する中で南北対話も開かれない状況が続いているが、ここにきて北側は、「コロナ協力」などの「南北協力案」を繰り…

朝鮮で国家非常防疫情報システム構築急ピッチで進展 情報網構築、医療、防疫用品備蓄供給を末端まで

コロナパンデミックがなかなか収まらない中、朝鮮では新型コロナウィルスの感染者が一人も出ていない「安定的な防疫形勢を維持」する防疫予防に力を入れる一方、全国レベルで国家非常防疫情報システム構築を急ピッチで進めている。 国家非常防疫情報システム…

ピョンヤン市郊外に数十万匹能力のスッポン工場 市内の料理店でスッポン料理提供

朝鮮の首都ピョンヤンの郊外に年間生産能力は数十万匹にのぼるスッポンを養殖するスッポン工場があり、冷麺で有名な玉流館や清流館、平壌大同江水産物食堂などでスッポン料理を提供している。 朝鮮外国文出版社が運営するインターネット情報サイト「ネナラ(…

「すべてが2018年北南首脳会談以前の原点に回帰している」朝鮮の人民武力省スポークスマン談話

「敵がわれわれを討とうと公然と騒ぎ熱を上げているのにわれわれが静かに座っていられようか」 朝鮮の人民武力省スポークスマンが7日、韓国軍部が空軍空中戦闘司令部所属「F-15K」「KF-16」「F-4E」「FA-50」戦闘機20余台と海軍2艦隊所属高速艇などを朝鮮西…

朝鮮で初めての複合塩泉が開発 平壌市万景台区域のパルゴル温泉

朝鮮で初めての複合塩泉が開発されたと、「メアリ」(5月7日)が報じた。 場所は平壌市万景台区域のパルゴルで開発され、パルゴル温泉と呼ばれている。 報道によれば、パルゴル温泉は他の温泉と比べ塩素、硫酸、水素炭酸ナトリウムイオンが多く含まれている。…

制裁排して高濃度リン安肥料大量生産へ 穀物増産の突破口に 順川リン肥料工場竣工

朝鮮で農業部門の兵器廠と位置付けられている順川リン肥料工場が完成した。 金正恩委員長が竣工式に参加し、肥料工場建設に尽力した科学者、技術者、建設者らを高く評価しねぎらった。 朝鮮のマスコミは、ひとつの新しい工業分野を創設するに等しい現代的な…

グルメなピョンヤン市民に人気の大型鮮魚専門店「平壌大同江水産物食堂」

2018年7月にオープン。 冷麺で有名な玉流館と並ぶ平壌を代表するもう一つのサービス拠点。 地下1階、地上3階の店内には、東洋・西洋料理の専門店、寿司や民族料理など個性あふれる複数のレストラン、60余種の水産加工品を扱う商店があるが、目玉はなんといっ…

「平穏VS混乱」 ロシア・タス通信と米・WP紙、平壌の表情巡り相反する報道

ピョンヤンはいつもと変わらず平穏 米CIAが、金正恩委員長の「健康異常説」をねつ造して煽っている中で、ロシアのタス通信と米国の「ワシントンポスト(WP)」紙が相反する報道を流している。 WP紙は17日、北京特派員電で、平壌では金正恩委員長の健康をめぐ…

医療従事者の評価が高いメイドインピョンヤンの医療用マスク

朝鮮で、ピョンヤン医療器具工場で生産されている医療用マスクが医療従事者の中で好評であると「朝鮮の今日」(4月24日)が伝えた。 「朝鮮の今日」によればこのマスクは殺菌力を持つナノ材料を利用して制作、インフルエンザ、悪性の風邪、肝炎、結核、悪性…

国家の先制的で能動的な役割強化に主眼、朝鮮の改正「伝染病予防法」

国家非常防疫情報システムの研究開発も急ピッチで 朝鮮の「伝染病予防法」が、国家の先制的で能動的な役割強化に主眼を置いて改正補充されたことがわかった。 「伝染病予防法」が改正補充されたことは「朝鮮中央通信」が去る4月3日に報じていたが、朝鮮の政…

天下の絶勝金剛山

(労働新聞4月21日付から)

労働新聞、ハイスピードで進む平壌総合病院建設状況を紹介

21日付労働新聞は「基礎コンクリート打ちと骨組工事、立体的に推進」とのタイトルの記事を載せ、ハイスピードで進む平壌総合病院建設状況を紹介した。 同紙によれば20日現在、基礎コンクリート打ちが50%界線に到達し、複数の現場では骨組工事も立体的進めて…

朝鮮のコロナ対策、「安定的な防疫形勢維持」に力点、外国人隔離はすべて解除

ピョンヤンから伝えられるところによれば、現時点で朝鮮の新型コロナウィルス防疫の力点は「すべてを人民の健康と生命安全に無条件服従させる原則で、安定的な防疫形勢を維持」するところに置かれている。引き続き国内への流入感染を防ぐ強力な非常防疫体制…

盧琴順朝鮮新報記者、ピョンヤンでの隔離体験を語る、新設された「平統TV」で

ピョンヤンで医学監視対象者として滞在先のホテルで30日間の隔離生活を送った朝鮮新報の盧琴順記者が体験談を語った。 在日同胞有志が立ち上げた「平統(平和統一)TV」の「北の新型コロナの状況と防疫対策について」と題した第1回目の放送に出演した。 体験談…

最高人民会議開催、制裁はねのけ経済の持続的成長誇示

内閣報告で「一人の感染者も発生していない」と強調 朝鮮民主主義人民共和国最高人民会議第14期第3回会議が4月12日万寿台議事堂で開かれた。 会議では①再資源法の採択②遠隔教育法の採択③除隊軍官生活条件保障法の採択④内閣の主体108(2019)年事業状況と主体…

華やぐ首都ピョンヤン、労働新聞が写真で紹介

労働は新聞12日付で、「意味深い4月の美しい首都ピョンヤン」とのタイトルで春を迎え華やかさを増す首都ピョンヤンを写真で紹介した。

感染症に対処してより強い国家的対策を、最高人民会議予算承認、党政治局会議で

朝鮮労働党中央委員会政治局会議(11日) 朝鮮労働党中央委員会政治局会議が11日、金正恩委員長の司会で開かれた。労働新聞が12日付で報じた。 会議では①世界的に大流行する伝染病に対処してわが人民の生命安全を保護する国家的対策をより徹底させることにつ…

民族の平和念願に対する挑戦、朝鮮中央通信が統一部の「吸収統一」教材を非難

問われる文在寅大統領の「平和と共同繁栄」の真意 朝鮮中央通信が11日ピョンヤン発論評で、韓国統一部が「2020年統一問題理解」という「統一教材」で「ドイツ式統一」を強調したことを厳しく非難した。 「2020年統一問題理解」は中高等学校と大学、公共機関…

朝鮮で戦略物資・黄リン生産へ、無コークス生産は世界ではじめて

制裁、外圧に影響されずに、順川リン肥料工場で ピョンヤンから伝えられるところによれば、朝鮮で国家的に重視されていた順川リン肥料工場が完成し、核心施設である黄リン電気炉の試運転がまもなく始まる。 試運転が終われば黄リンとリン肥料を大量生産する…

朝鮮で医薬品、消毒液、保護服等々国内生産、感染予防の需要満たす

「ない、ない、何もない」「脆弱」は誹謗中傷 感染者0を維持している朝鮮で、新型コロナウィルス感染症予防に必要な保護服、消毒液、医薬品、医療備品などをすべて国内で生産し、感染予防に必要な需要を満たしている。 一部では朝鮮の医療は「脆弱」で消毒…

朝鮮で静止衛星の開発目標達成、GIS開発も進む、今年は国家宇宙開発5か年計画の最終年

宇宙開発は平和利用が原則 平壌から伝えられたところによれば、朝鮮で宇宙開発計画が大きく進んでおり、次の目標である静止衛星打ち上げ準備がほぼ最終段階に至った。 朝鮮では2016年から国家宇宙開発局によって国家宇宙開発5か年計画が進められている。同年…

ビックダデーターの共有利用で経済発展推進、朝鮮で技術貿易サービスシステム「自強力」構築

朝鮮国家科学技術委員会は最近、技術貿易サービスシステム「自強力」を国家コンピューター網に新しく構築した。労働新聞(6日付)が報じた。 同紙は、ビックデーターを獲得し共有することは社会経済発展推進の決定的要因になると指摘、「自強力」は膨大な国…

朝鮮で国家非常防疫情報システム開発導入へ

「伝染病予防法」も修正、補充 朝鮮で、新型コロナウィルス感染症防疫予防に引き続き取り組む一方、感染者0を維持しているコロナ防疫予防の経験に基づき、現在の防疫体制を補完してより強力な防疫システムを構築するための措置を講じている。 労働新聞など…

朝鮮の学者が国際学術誌「非金属材料科学」の編集員に

金策工業総合大学物理学部の金チョルヒョン教員が国際学術誌「非金属材料科学」の編集員として活躍している。 朝鮮のインターネット情報サイト「ネナラ」(4月3日)によれば、金チョルヒョン教員が「非金属材料科学」の編集員になったのは2019年5月。金チョ…