Korea News.com(コリアニュース.com)

激動する朝鮮半島のニュースを正確、迅速に伝えるべく努力します。 朝鮮半島の平和と統一、朝日の親善、アジアと世界の平和を願って。

【スポンサーリンク】

平壌発

米国は人権蹂躙の元凶 朝鮮人権研究協会スポークスマン談話

米国の路上生活者 朝鮮人権研究協会のスポークスマンは、朝鮮人権状況「特別報告者」が第76回国連総会でわれわれの人権実状を悪辣(あくらつ)に謗ったことで26日、朝鮮中央通信社記者の質問に答えた。朝鮮中央通信が同日伝えた。 スポークスマンは、朝鮮…

軍事的挑発行為は自国の安保を害するだけ 朝鮮外務省、加、仏の朝鮮半島周辺への武装装備投入を非難

カナダが投入した哨戒機 朝鮮外務省は25日、HPに「軍事的挑発行為は自国の安保を害するだけだ」と題する同省軍縮及び平和研究所リ・ミョンハク研究員の文を載せた。 リ・ミョンハク研究員は、カナダとフランスによる朝鮮半島周辺への武装装備投入を非難、「…

朝鮮の民族和解協議会、文在寅大統領の親日姿勢を非難

朝鮮の民族和解協議会が運営するネットメディア「リョミョン(黎明)」は24日、「天下の大馬鹿がする行為」と題した論評を掲載し、「南朝鮮の現当局者」という表現で、文在寅大統領の親日屈辱姿勢を辛辣に非難した。 以下は「天下の大馬鹿がする行為」の全文…

「韓米国防ワーキンググループ」は隷属の罠 朝鮮のネットメディア「メアリ」が論評

「韓米国防ワーキンググループ」設置を決めた韓米の統合国防対話(KIDD、9.27) 朝鮮のアリラン協会が運営するインターネットメディア「メアリ」は24日、「韓米国防ワーキンググループ」設置を非難する論評を掲載した。 韓国国防部は13日、韓米が先月開催し…

朝鮮国防科学院が新型潜水艦発射弾道弾の試射、成功

朝鮮の国防科学院は19日新型潜水艦発射弾道弾の試射を行い成功させた。 20日付「労働新聞」が伝えた。 「労働新聞」は次のように伝えた。 国防科学院は、5年前に初の潜水艦発射戦略弾道弾を成功裏に発射して共和国の軍事的強勢を誇示した「8・24英雄艦」…

【フォトトピック】 アンビョンカム(安辺柿)

10、11月は朝鮮でも柿の季節だ。 朝鮮で最も有名なのはアンビョンカム。アンビョンとは地名(江原道安辺郡)でカムとは柿のこと。 朝鮮で柿の産地は江原道と黄海南道の一部地域に限られていたが、今では平安北道定州地方、咸鏡南道海岸地帯にも広がっている…

写真で見る国防発展展覧会「自衛―2021」

朝鮮労働党創立76周年に際して国防発展展覧会「自衛―2021」が10月11日、平壌の3大革命展示館で盛大に開幕した。 朝鮮労働党総書記で朝鮮民主主義人民共和国国務委員長である敬愛する金正恩同志が、開幕式に出席した。 朝鮮労働党中央委員会政治局…

米国の弾除け軍隊が演出するから元気 「わが民族同士」が韓国軍の軍事演習を非難

朝鮮の祖国平和統一委員会が運営するウェブサイト「わが民族同士」は11日、文在寅政権が「国軍の日」記念行事として行った「陸海空軍と海兵隊合同上陸作戦試演」を「無謀で笑止千万なから元気」と非難する論評を掲載した。 「つまらないから元気がもたらすも…

日帝の希世の大罪を永遠に忘れない 朝鮮のマスコミが明成皇后殺害蛮行を糾弾

「労働新聞」、朝鮮中央通信など朝鮮のマスコミは、日帝が朝鮮を植民地化する過程で障害になった明成皇后を殺害(乙未事変1895.10,8)した蛮行を告発、糾弾する論評を一斉に掲載した。 論評は、1895年(乙未年)に明成皇后を殺害した日帝の凶悪な犯罪行為を暴…

拉致問題はすでにすべて解決され終わった問題 朝鮮外務省

朝鮮外務省は7日、「言動を慎重にする必要がある」と題した、同省日本研究所リ・ビョンドク研究員の文をHP上に載せた。 文は、拉致問題は「完全に終わった問題である」と指摘、「何のために首相に就任するや否や既に終結した問題を取り上げ騒いでいるのか、…

【フォトトピック】 私たちの家庭担当医師

咸鏡南道の道都・咸興市トンフンサン(東興山)区域ヤンジ(陽地)総合診療所医師たちの朝は早い。 診療所で協議した後、担当地域住民世帯を訪問する。 住民の声に耳を傾け、検病、検診、治療、往診へと続き、衛生知識の普及にも力を入れる。 医師たちの活動…

全民族の期待と念願を実現するための努力の一環 北南通信連絡線再び復元 朝鮮中央通信社報道

朝鮮、北側は4日、朝鮮中央通信社報道を通じて、断絶されていた北南通信連絡線を10月4日9時から再び復元することにしたと発表した。 朝鮮中央通信社の報道は次の通り。 朝鮮労働党総書記で朝鮮民主主義人民共和国国務委員長である金正恩同志は朝鮮民主主義人…

朝鮮で新しく開発した対空ミサイルを試射、空中目標掃滅距離大幅増実現した驚くべき戦闘的性能が検証

朝鮮国防科学院は、9月30日に新しく開発した対空ミサイルの総合的戦闘性能と共に発射台、探知機、戦闘総合指揮車の運用実用性を実証することに目的を置いて試射を行った。 「労働新聞」(10月1日付)が報じた。 報道によれば、朝鮮労働党中央委員会政治局…

朝鮮、国防科学院が新しく開発した極超音速滑空ミサイル「火星8」型の試射、成功

朝鮮国防科学院は9月28日午前、慈江道リョンリム(龍林)郡トヤン(都陽)里で新しく開発した極超音速ミサイル「火星8」型の試射を行った。 「労働新聞」が29日付で報じた。 同紙は、第8回党大会が示した国防科学発展および兵器システム開発5カ年計画の戦略…

米国は世界で最も凶悪な反人権犯罪国家 朝鮮の国際問題研究院研究者が非難

米国が叫ぶ「人権」と「民主」は内政干渉と侵略の手段 朝鮮国際問題研究院研究者・金真姫氏は「自主的発展の道を阻む反人倫的犯罪行為」と題する文を発表し、「人権問題」を反帝・自主的な国々に対する政治的圧力の手段に利用している米国を非難した。 朝鮮…

【フォトトピック】 朝鮮各地で秋の収穫本格化

作柄がとても良い。努力の結果だ。 朝鮮のピョンヤン市をはじめ平安南北道、黄海南北道、咸鏡南北道等の穀倉地帯で米の収穫が本格化している。 水路の建設、整備、河川の整理、堤防工事など、農業インフラ整備と沙防野溪工事が先行して行われ、干ばつ、大雨…

日本の膨張した「防衛力」は必然的に海外侵略に「出口」を求める 朝鮮中央通信論評

朝鮮中央通信社は23日、日本による大規模軍事演習を行っていることに関連して、「『自衛隊』武力の膨張が海外侵略につながっていくのは当然のこと」と題する論評を発表した。 論評は、前例にない演習内容について触れ、「列島で繰り広げられる陸上武力の大規…

民俗名節― 秋夕

今日(21日)は旧暦の8月15日で、わが人民が昔から祝い過ごしてきた民俗名節である秋夕(中秋)の日である。 秋夕は五穀熟し豊かな秋の月の明るい満月の日を名節として楽しんだことから生まれた風俗として秋の夜という意味を含んでいる。 「三国史記」や「三…

「南朝鮮の不手際な水中発射弾道ミサイル」 張昌河朝鮮国防科学院院長の分析

韓国が成功したと発表したSLBM発射場面 張昌河朝鮮国防科学院院長は20日、韓国が成功したと胸を張ったSLBMを具体手に分析した「南朝鮮の不手際な水中発射弾道ミサイル」と題した文を発表した。 朝鮮中央通信が伝えた。 韓国側が公表した写真などの公開資料に…

【フォトトピック】 リンゴの収穫

朝鮮の東北部に位置する咸鏡南道ブクチョン(北青)郡リョンジョン(龍田)里にある大規模リョンジョン(龍田)果樹農場。 努力の甲斐あって赤いりんごが沢山実った。豊作だ。 今この農場ではリンゴの収穫に忙しい。 リョンジョン(龍田)果樹農場は1960年代…

秋の扇子

朝鮮の祖国平和統一委員会が運営するウェブサイト「わが民族同士」のTVコーナーで、「秋の扇子」と題した映像編集物を上げた(9月15日)。 「秋の扇子」とは、秋になれば夏に必要だった扇子の必要性がなくなるように、歳月が流れれば必要でなくなり捨てられ…

アフガニスタンの事態が示した「唯一超大国」の衰退没落する姿 朝鮮の国際問題研究者の文

アフガニスタンから敗走する最後の米兵 朝鮮中央通信は17日、アフガニスタンでの米国の敗走と関連、「帝国主義支配体系の崩壊は歴史の必然」と題した朝鮮の国際問題研究院研究者の李成根氏の文を配信した。 李成根氏は文で、「世界各地を歩き回って秩序を…

米国の敵視政策が変わらないのに対話と交渉を論じられない 国際問題評論家・国際問題評論家・金明哲氏の文

朝鮮中央通信は17日、朝鮮の自衛的な巡航ミサイルの試射と、鉄道機動ミサイル連隊の検閲射撃訓練を「脅威」「挑発」などと言い掛りをつけた米国を非難する国際問題評論家・金明哲氏の文を配信した。 金明哲氏はこの文で、米国が朝鮮の自衛的な措置を非難した…

鉄道機動ミサイル連隊の検閲射撃訓練成功 800キロ先の標的を正確に打撃

朝鮮で、鉄道機動ミサイル連隊の検閲射撃訓練が15日成功裏に行われた。 「労働新聞」が16日付で伝えた。 報道によれば、朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会委員である党中央委員会の朴正天書記が、鉄道機動ミサイル連隊の検閲射撃訓練を指導した。 朝鮮労…

朝鮮は社会主義を守る道で中国とともにある 朝鮮側、米の台湾問題介入を非難

朝鮮中央通信は15日、米国による台湾問題に介入する米国を非難する、国際問題評論家 金明哲の論評を配信した。 論評は、「鋭敏な台湾問題に執着する米国の下心は、それを対中国圧迫手段として中国の成長を抑止し、国を分裂、瓦解させ、結局のところ社会主義…

米国は世界最大の人権不毛の地 朝鮮外務省が指摘

朝鮮外務省は13日、米国の悲惨な人権の実態を暴露する文をHPに載せた。 「大流行伝染病事態でさらに顕在化している米国の悲惨な人権の実態」と題した文は、米国で増加するアフリカ系およびアジア系米国人に対する憎悪犯罪の増加問題などを取り上げ、「米国で…

朝鮮国防科学院、新しく開発した長距離巡航ミサイル試射に成功 1500キロ界線の標的に命中

朝鮮国国防科学院は9月11、12の両日、新しく開発した新型長距離巡航ミサイルの試射を成功裏に行った。 「労働新聞」が13日付で、試射は、成功裏に行われたと報じた。 報道によれば、発射された長距離巡航ミサイルは、わが国家の領土と領海上空に設定された楕…

普通江川岸段々式住宅区の行政区域の名称は平壌市中区域瓊楼(キョンル)洞 最高人民会議政令発表

完成予想図 朝鮮で新たに建設されている、普通江川岸段々式住宅区の行政区域の名称が、平壌市中区域瓊楼(キョンル)洞に定められた。 普通江川岸段々式住宅区の行政区域の名称を定めることに関する朝鮮民主主義人民共和国最高人民会議常任委員会の政令が1…

労農赤衛軍など威力ある民間武力を示威  朝鮮で民間および安全武力閲兵式

朝鮮民主主義人民共和国創建73周年慶祝民間および安全武力閲兵式が、平壌の金日成広場で盛大に執り行われた。 労農赤衛軍などの民間武力は、朝鮮労働党の全民武装化路線に従い強化されてきたもので、民間および安全武力閲兵式は核抑止力と最先端兵器で武装…

【フォトトピック】 朝鮮虎の家族が増えた

去る3月二匹の子虎が生まれたのに続いて、4月に三匹の子虎が増えたのは、中央動物園の幹部と従業員にとって慶事だ。3月に出産した二匹の子虎(雌)と4月に出産し三匹の子虎(オス1匹、雌2匹)は、最初は重量が約1.5〜2kgずつであった。 今この子虎は、ここの…