Korea News.com(コリアニュース.com)

激動する朝鮮半島のニュースを正確、迅速に伝えるべく努力します。 朝鮮半島の平和と統一、朝日の親善、アジアと世界の平和を願って。

【スポンサーリンク】

本当に「人権闘士」であるなら中東に行ってみろ 朝鮮中央通信社論評

米国務省の「人権特使」が日本とかいらい韓国を訪問し「対朝鮮人権騒動」に躍起になっていることと関連、朝鮮中央通信社は22日論評を発表した。 論評は、「ガザ地区の劣悪な人権実状に対してはおしの真似をしながら、かえって『人権特使』の突然な訪問劇を演…

【편집장칼럼】 대남정책 근본전환의 리유와 배경

갈팡질팡 김정은총비서가 대남정책을 대적투쟁으로 근본적으로 전환할데 대한 방침을 빍힌데로부터 두달이 다 지나가려고 하고있지만 미국과 괴뢰대한민국에서는 아직도 그 충격에서 벗어나지 못하고 있는 듯하다. 미국의 전문가라는 사람들이 방향전환을 두…

ワシントンのインド太平洋戦略は地域の平和と安定を破壊する地政学的対決シナリオである

朝鮮民主主義人民共和国外務省のリ・ジウォン米国研究所研究員は「ワシントンのインド太平洋戦略は地域の平和と安定を破壊する地政学的対決シナリオである」と題した文を発表、朝鮮中央通信が18日伝えた。 文は、バイデン政権が「米国のインド太平洋戦略」報…

岸田首相の内心を見守る 金與正党副部長が談話発表

金與正朝鮮労働党中央委員会副部長は15日、朝日首脳会談の可能性について言及する談話を発表し波紋を広げている。 金與正副部長は、「日本が、われわれの正当防衛権について不当に言い掛かりをつける悪習を捨て、解決済みの拉致問題を両国関係展望の障害物…

海上主権を武力行使で守る 金正恩総書記が地対海ミサイル「パダスリ6」型の検収射撃試験を指導

金正恩朝鮮労働党総書記が2月14日午前、海軍に装備される新型地対海ミサイル「パダスリ(ミサゴ)6」型の検収射撃試験を指導した。 朝鮮労働党中央委員会の朴正天、趙春龍の両書記、朝鮮労働党中央委員会の金正植副部長、朝鮮民主主義人民共和国ミサイル…

朝鮮国防科学院が操縦ロケット砲弾を開発

朝鮮民主主義人民共和国国防科学院は、操縦ロケット砲弾と弾道操縦システムを新しく開発することに成功した。 朝鮮中央通信が12日報じた。 報道によれば、国防科学院は、2月11日、240ミリ操縦ロケット砲弾の弾道操縦射撃試験を行って命中性に対する評…

ぽっかりと穴の開いた傘ではミサイルを防げない 朝鮮外務省日本研究員が指摘

朝鮮民主主義人民共和国外務省金雪花日本研究所研究員は8日、「穴の開いた『ミサイル情報共有システム』という傘では降り注ぐ火のあられの洗礼を防げない」と題した文を朝鮮中央通信を通じて発表した。 文は、米、日、韓が情報共有システムを稼働させて「正…

金正恩総書記が金化郡地方産業工場を現地指導

金正恩総書記が2月7日、金化郡地方産業工場を現地指導した。 「労働新聞」が8日報じた。 報道によれば、金正恩総書記は、「地方発展20×10政策」推進の初年である今年から、各地に本格的に新しく建設することになる地方産業工場の具体的な建設方向を確…

俎上に載せられるかいらい大韓民国の哀れな運命 朝鮮中央通信社論評

朝鮮中央通信社は5日、かいらい大韓民国軍部の好戦的挑発が一層露骨にエスカレートしていることと関連、「俎上に載せられるかいらい大韓民国の哀れな運命」と題した論評を発表し、度を越える火遊びは「大韓民国の哀れな運命を完全に終わらせる結果を招く」と…

地域の最大脅威国家として浮上する日本 朝鮮外務省日本研究員が指摘

朝鮮民主主義人民共和国外務省の金雪花日本研究所研究員は3日、「みの着て火事場へ入る自殺的妄動」と題した文を、朝鮮中央通信を通じて発表した。 金雪花研究員は長距離ミサイルの実戦配備にみられる先制攻撃能力の確保に向かう日本の動きは「少しも変わっ…

巡航ミサイルの超大型戦闘部威力実験と新型対空ミサイルの試射

朝鮮民主主義人民共和国ミサイル総局は2月2日、朝鮮西海上で巡航ミサイルの超大型戦闘部威力実験と新型対空ミサイルの試射を行った。 同ミサイル総局の発表を朝鮮中央通信が3日伝えた。 発表によれば、当該の実験は、新型兵器システムの機能と性能、運用な…