Korea News.com(コリアニュース.com)

激動する朝鮮半島のニュースを正確、迅速に伝えるべく努力します。 朝鮮半島の平和と統一、朝日の親善、アジアと世界の平和を願って。

【スポンサーリンク】

MK通信(77)米国が”非核化交渉再開”を執拗に迫る五つの理由

米国が朝鮮に”非核化交渉再開”を執拗に迫っている。 朝鮮半島の非核化のための交渉は、米国が昨年2月ハノイ会談で”ビックディール”を唱え、朝鮮の体制崩壊を露骨に追求したことで、昨年10月スウェーデンで行われた実務交渉を最後に破綻した。 にもかかわらず…

朝鮮で栄養液肥料の生産がはじまった 温室野菜の生育促進、収穫増に効果的

朝鮮有数の化学企業である興南肥料連合企業所が新たに建設した栄養液肥料工場で生産がはじまった。 「朝鮮の今日」(9.20)が報じた。 この肥料工場は8月末に完工、9月から試運転に入っていた。 本サイトですでに報じたように、工場は栄養液肥料を年間数千ト…

破滅の瀬戸際に軍国主義馬車を追い込む 「馬夫」 「朝鮮の今日」、安倍元首相と菅新首相を非難

「朝鮮の今日」は21日、「破滅の瀬戸際に軍国主義馬車を追い込む 『馬夫』」と題する同社記者の記事をHP上に掲載した。 記事は首相を退任する瞬間まで、「敵基地攻撃能力」を云々して軍事大国化の野望を露わにしている、安倍元首相を人間の仮面をかぶった「…

朝鮮でアンソク(安石)干拓地が竣工 農業発展に寄与する今一つの基盤

完成したアンソク(安石)干拓地 朝鮮で、アンソク(安石)干拓地が竣工した。 同干拓地は、南浦市温泉郡アンソク(安石)里からソクチ(石峙)里までの数千メートルに及ぶ外海を横切って120余万㎥の盛り土と30余万㎡の石張り工事などを行って、防潮堤を積ま…

「平和」表明は「口蜜腹剣」 朝鮮側、文在寅政権を卑劣で無礼無道と非難

韓米統合統合国防協議会(9月上旬) 「口蜜腹剣と言って、前では人を惑わすあやしい言葉を弄して、腹の中では剣を隠し持つような、卑劣で無礼無道な真似はない。片手では、オリーブの木の枝を振り、もう一方の手には剣を握って時を伺う無謀な妄動がもたらす…

再び地域の盟主になる野心を持って軍国主義復活に狂奔する戦犯国日本 朝鮮外務省が非難

朝鮮外務省は19日、「地域の平和と安定を破壊する主犯」とのタイトルの文をHPに載せた。 この文は、外務省日本研究所・金ソルファ研究員の執筆によるもの。 朝鮮外務省は、この文で、日本政府による、弾道ミサイル迎撃専用艦船を建造する計画の危険性を暴露…

朝鮮の両江道でジャガイモの収穫がはじまった

「今日の朝鮮」(9.19)は、朝鮮の両江道でジャガイモの収穫がはじまった、と伝えた。 両江道は朝鮮半島北東部の内陸部に位置しており、中国と国境を接するじゃがいもの産地。 今年の作柄はおおむね良好だという。 ただ、今年は例年になく雨が多く降り、ジャ…

【資料】「『두루춘풍』의 고민」(「あまねく春風」の悩み) 「メアリ」から

朝鮮のインターネット情報サイト「メアリ」が「『두루춘풍』의 고민」(9月17日)という文を載せた。直訳すれば「『あまねく春風』の悩み」になるが、何のことかわからない。この文の趣旨が周辺大国にあまねく媚を売る韓国の自主性のない外交姿勢を批判した…

「膨張する戦犯国家の侵略野望」 朝鮮中央通信、論評で日本の軍国化を強く非難

朝鮮中央通信は17日、戦争を視野に入れた日本の軍国化を厳しく非難する論評を発表した。 「膨張する戦犯国家の侵略野望」と題した論評は、日本の軍国化は戦争を視野に入れた最終界線に至ったと指摘、「20世紀にアジア大陸を血で染めた侵略国、戦犯国として…

MK通信(76)米国の対朝鮮敵対視政策は機能しておらず失敗を免れない

破綻した朝米非核化交渉 トランプ政権は大統領選挙を控え、朝鮮の「弾道ミサイル開発」を云々しながら圧力を加える一方、「レイジ(怒り)」なる本を出版して、事実いかんはともかく新書の内容を一方的に明かし外交儀礼を踏みにじるばかりか、「80発の核兵…

「戦犯国の風土で育っている危険な毒草」朝鮮外務省、過去の清算を回避する日本政府を非難

朝鮮外務省は16日、過去の清算を回避して真実を歪曲、誤った歴史観を浸透させる組織的行為を黙認、庇護する日本当局を非難する文をホームページ上に乗せた。 朝鮮外務省日本研究所のチャ・ヘギョン研究員が書いた「戦犯国の風土で育っている危険な毒草」との…