Korea News.com(コリアニュース.com)

激動する朝鮮半島のニュースを正確、迅速に伝えるべく努力します。 朝鮮半島の平和と統一、朝日の親善、アジアと世界の平和を願って。

【スポンサーリンク】

防疫の好転推移を持続、機動的に調整 金正恩党総書記が政治局常務委員会会議を指導

朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会会議が5月17日、党中央委員会本部庁舎で行われた。 「労働新聞」(18日付)が報じた。 金正恩党総書記が、会議を指導した。 会議では、現在の防疫危機形勢を分析し、当面の防疫政策の実施と最大非常防疫状況における党…

防疫対策討議 党中央委員会政治局協議会 金正恩党総書記が指導

朝鮮労働党中央委員会政治局は5月15日、再び非常協議会を招集し、防疫対策討議を行った。 金正恩党総書記が、協議会を指導した。 「労働新聞」(16日付)の報道によれば、協議会では、国家防疫システムが最大非常防疫システムに移行した後の全般的な防疫実態…

【편집장칼럼】무력화되는 대조선제재봉쇄, 한계에 다다른 적대시정책

악몽 조선의 핵전쟁억지력을 현대화,고도화하기 위한 미싸일개발이 놀라운 속도로 진행되고 있다. 지난 1월에 시험발사된 극초음속미싸일의 개발성공, 3월24일에 단행된1만5천킬러메터 사정거리의 <화성포-17>의 시험발사성공 등은 조선의 미싸일 개발의 속…

【フォトトピック】 朝鮮で田植えがはじまった

5月10日、平安南道平原郡 ウォナ(元和)共同農場で、全国に先駆けて田植えを行った。これを皮切りに全国で田植えが行われる。 ウォナ(元和)共同農場は金日成主席朝鮮戦争時に現地指導し、金正日国防委員長も現地指導した由緒ある農場。金日成主席と金正日…

防疫活動で主導権は生命 金正恩総書記が国家非常防疫司令部を訪問

金正恩党総書記が5月13日、国家非常防疫司令部を訪れた。 「労働新聞」(13日付)など朝鮮のマスコミが次のように伝えた。 金正恩総書記は、国家非常防疫司令部内の各指揮室を見て回りながら、現在の防疫危機状況に対処して国家防疫事業を最大非常防疫システ…

朝鮮労働党中央委員会第8期第8回政治局会議 オミクロン感染者発生で最大非常防疫システムに移行

朝鮮労働党中央委員会第8期第8回政治局会議が5月12日、党中央委員会本部庁舎で招集された。 朝鮮中央通信が12日伝えた。 金正恩朝鮮労働党総書記が会議に出席、司会した。 政治局はまず、党中央委員会総会を招集することに関する問題を討議した。会議で…

【フォトトピック】 松花通りは人民愛の記念碑

「党中央の独創的な建築発展構想と第8回党大会が示した平壌市5万世帯分の住宅建設計画に従って建設された松花通りは、首都平壌の明日とともにそびえたつ偉大な金正恩時代の人民愛の記念碑であり、人民により文化的な生活条件を与え、首都市民の住宅問題を…

米国はなぜウクライナ事態の長期化を図るのか 朝鮮外務省、米国を戦犯国と断罪

朝鮮外務省は3日、「米国はなぜウクライナ事態の長期化を図るのか」と題する同省平和および軍縮研究所リ・ピョンジン研究員の文をHPに掲載した。 文は、「ウクライナ事態の長期化を図り、漁夫の利を得ている米国は、平和と進歩を愛する人類の極悪な敵、世界…

金正恩総書記が朝鮮人民軍指揮メンバーに会って激励

金正恩朝鮮労働党総書記が、朝鮮人民革命軍創建90周年慶祝閲兵式をはじめとする行事を成功裏に指揮した朝鮮人民軍指揮メンバーを党中央委員会の本部庁舎に呼んで激励した。 4月30日付「労働新聞」が報じた。 朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会委員で党中…

軍国主義戦犯を賛美するのはアジア諸国の人民に対する許しがたい冒瀆 朝鮮中央通信社論評

朝鮮中央通信は27日、岸田首相が靖国神社に真榊(まさかき)を奉納したことを非難する論評を発表した。 論評は、「日本の政客らが国際社会を愚弄して靖国神社に対する参拝と供物奉納を毎年続けている目的は、軍国主義戦犯らを「英雄」に賛美して再侵略野望実…

朝鮮人民革命軍創建90周年慶祝閲兵式、盛大に挙行

朝鮮人民革命軍創建90周年慶祝閲兵式が、4月25日、首都平壌の金日成広場で盛大に挙行された。 26日閲兵式を伝えた「労働新聞」は、次のように伝えた。 「国土はあっても、それを守る軍隊がなくて自分の言葉と文字、姓氏と名前まで奪われた悲劇に直面した民…