Korea News.com(コリアニュース.com)

激動する朝鮮半島のニュースを正確、迅速に伝えるべく努力します。 朝鮮半島の平和と統一、朝日の親善、アジアと世界の平和を願って。

【スポンサーリンク】

国連安保理は米韓による挑発行為の責任を問うべきだ 朝鮮外務省代弁人が談話発表

 朝鮮民主主義人民共和国外務省のスポークスマンは20日、国連安保理朝鮮民主主義人民共和国の主権的権利を問題視して討議に上程させたことを強く非難する談話を発表した。

 談話の全文は以下の通り。

 米国とその追随国家の強盗さながらの要求に従って、国連安保理がわれわれの正常な国防力強化努力の一環として行われた極超音速ミサイルの試射を論議する非公開協商なるものを行った。

 すでに宣明した通りに、朝鮮民主主義人民共和国が行った当該の試射は国防科学部門の定期的な開発研究活動の一環で、周辺国家の安全にいかなる影響も及ぼさなかったし、現在の地域情勢とは何の関係もない。

 にもかかわらず、米国は主権国家の日常的で合法的な活動領域まで問題視して国連安保理に上程させたばかりでなく、原子力空母打撃集団を朝鮮半島周辺水域にまたもや送り込んで追随勢力と挑発的かつ威嚇的な合同軍事演習を強行した。

 これは、わが国家の自主権に対する乱暴な侵害、許せない挑発であり、そうでなくても危うい朝鮮半島地域情勢を故意的に激化させる無責任な妄動である。

 われわれは、国連安保理朝鮮半島地域の平和と安定を破壊する米国とその追随国家の重大な軍事的威嚇行為を引き止め、制止するどころか、いかなる懸念も表明することなく朝鮮民主主義人民共和国の主権的権利を問題視して討議に上程させたこと自体を大変残念に思い、これを強く糾弾する。

 今の時点で国連安保理が当然注目して取り扱うべき優先的問題は、米国とその追随勢力の不法非道な主権侵害と内政干渉、侵略的な武装攻撃行為によって史上類のない人道的惨事が発生している中東地域情勢である。

 国連安保理が真に国際平和と安定に対する責任を感じているなら、朝鮮半島と周辺地域の安全環境を激突の瀬戸際に追い込んでいる米国と大韓民国の意図的かつ計画的な軍事的挑発行為から問題視し、責任を問うべきであろう。

 朝鮮民主主義人民共和国は、国連安保理で自分自身を守るために必ず育むべき正当防衛力強化の努力が不法に罵倒(ばとう)される不正常の行為が慣習化されていることを絶対に黙過しないであろうし、より強力ではっきりした行動の選択で自分の主権的権利と合法的利益を徹底的に守り抜くであろう。(了)