Korea News.com(コリアニュース.com)

激動する朝鮮半島のニュースを正確、迅速に伝えるべく努力します。 朝鮮半島の平和と統一、朝日の親善、アジアと世界の平和を願って。

米国は災いを避けたいなら口を閉ざせ!朝鮮外務省米国局長が談話

f:id:gwangzin:20200611110103j:plain

 

 朝鮮外務省のクォン・ジョングン米国担当局長は、米国が北南関係問題に分不相応に介入しようとしていることと関連して、11日、朝鮮中央通信記者の質問に答え見解を明らかにした。

 クォン局長は、9日米国務省関係者が「脱北者」のビラ散布にかかわる朝鮮の行動に「失望」したと述べたことに強い不快感を示し、人の家のことに干渉して災いを被りたくないなら口を閉ざせと強調した。

 クォン局長は次のように指摘した。

 「米国がいう『失望』は、去る2年間背信と挑発だけを繰り返してきた米国と南朝鮮当局にわれわれが感じている、極度の幻滅と怒りに比べることすらできない。

 まだ米国はわが人民の激高する怒りをしっかりと理解できていないようだ。

 米国の政局がいつになく複雑な時に自分の家のことを解決することを考えないで、人の家のことに不必要に介入して思うままに言葉を吐けば、責任を負うことができないようなことに直面することがある。

われわれと米国の間に別途計算することが少なくないのにわざわざ南朝鮮の後継人ぶって口を出して、他人が被る災いまで浴びる必要があるのか。

 米国は酷いことを避けようとするなら、口を閉ざして、自分の家の片づけでもしっかりしたほうがいい。」